タトゥー除去で昔の肌を取り戻す【パッと悩みを解消】

女医

刺青を除去する方法

女の人

タトゥー除去においては植皮・切除・レーザーなどの施術がありますが、最近では傷跡が残りにくく体への負担が少なくて済む医療用レーザーを使ったタトゥー除去の施術が人気です。ただタトゥー除去は医師の腕が大きく影響するので、クリニックを選ぶ時は医師の技術の高さや経験についてチェックしておいた方が良いでしょう。

View Detail

主な除去方法

女性

タトゥー除去には、皮膚を切除して縫い合わせる方法と、自分の皮膚を移植する治療方法があります。これは、幅広い範囲の除去を希望する方に向いています。また、素早くきれいに仕上がるレーザー治療を使った治療方法があります。

View Detail

自分に合った方法を

医者

タトゥー除去にはさまざまなやり方があるので、自分に合った方法を選びたいものです。さらにクリニックの探し方ですが、まずはインターネットで検索してみて、経験が豊富な先生がいるのか、アフターケアがしっかりしているのかを確認しておきましょう。

View Detail

刺青を除去する方法

刺青

レーザーによる除去が人気

肌に刺青を入れる事によってお洒落に見えるため、肌に刺青を入れる人が増えています。ですが刺青は消したいと思ってもそう簡単には消す事ができないので、美容外科を利用してタトゥー除去をする必要があります。タトゥー除去の方法としては大きく分けて4種類の方法があります、それぞれの特徴を知って、自分の刺青に適した方法で治療する事が大切です。レーザーを使用してタトゥー除去する方法は、一回の施術で刺青を除去できなかった場合でも、繰り返しレーザーを照射する事で徐々に色が薄くなります。また、レーザーを照射するだけでタトゥー除去する事ができるので、肌に傷跡が残る事がなく仕上がりが綺麗です。レーザーを使用する事で、術後の痛みや腫れが少なく短期間で患部が回復します。

濃い刺青は皮膚を移植する

刺青の範囲が小さい場合は皮膚を切除して縫い合わせる事によって、タトゥー除去を行う事ができます。さらに、刺青の範囲が広い場合でも、皮膚を切除する回数を分ける事によって、刺青を消す事が可能です。皮膚を切除する回数を分ける場合には、一回目の縫い合わせた皮膚が伸びるまで、二回目の切除を行う事はできないため、治療が終わるまでの期間が長くなります。刺青がレーザーに反応しにくい色だった場合には、皮膚の表面を削り取る事によってタトゥー除去します。皮膚の表面を削って薄くなった刺青を、レーザーによって治療する事で、綺麗に刺青を除去する事が可能になります。また、皮膚の深くまで刺青が入っている場合には、皮膚を移植する事によってタトゥー除去を行います。